インターネットリサーチ会社比較 > 用語集 > オンライン調査とは?用途やメリット・デメリットを解説

オンライン調査とは?用途やメリット・デメリットを解説

 

オンライン調査とは、グループインタビューや郵送調査などのオフライン調査に対してインターネットを介して行う調査のことです。ネットリサーチやオンラインリサーチとも呼ばれています。インターネットの普及に伴いオンライン調査はマーケティングリサーチや学術調査において欠かせない調査法となっています。

今回は

  • ・オンライン調査の特徴について
  • ・オフライン調査との比較
  • ・会社の選び方

について、解説します。

 

オンライン調査とは?オンライン調査の特徴について

オンライン調査は、インターネット上で調査を行う手法で、オンラインリサーチとも呼ばれています。各調査会社の保有しているモニターに対してネット上でアンケートを実施します。オンラインで行うため安価でスピーディーな調査を行うことが可能で、インターネットの普及に伴い利用も増加しています。

消費者に対する認知調査や会社のブランドイメージ調査のような市場調査から論文や研究に活用するための学術調査まで様々な調査において用いることができます。

 

オンライン調査とオフライン調査の比較

インターネットを利用して行うオンライン調査に対して、郵送調査やグループインタビューなどの手法を用いるオフライン調査もあります。ここではオンライン調査とオフライン調査、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

オンライン調査のメリット・デメリット

オンライン調査の最大のメリットは、低価格でスピーディーに調査を行える点です。郵送調査や街頭調査に比べて調査の事前準備における工程が少なく、集計作業もデジタルで行えることから安価での調査が可能です。またインターネット上での調査になるため、短期間でも多くの人にアンケートを実施できることから、回収までにかかる時間を短縮することができます。

他にも、
・回答をデータとして回収できるため、結果を活用しやすい
・多数のモニターから回答者を募れるため、ニッチな調査でもある程度の回答を得られる
・匿名性があることから正直な意見を引き出しやすい
など、オンラインならではの利点があります。

一方でデメリットとしては回答者がインターネットを利用している人に限られるため、結果に偏りが出る場合もあることが挙げられます。最近では若年層からお年寄りにまでスマートフォンが普及しており、以前に比べるとモニターの偏りは解消されていますが、調査内容によっては正確な結果を得られない可能性もあります。また、匿名での回答となるため不適切な回答や同一人物が複数回答する場合も考えられます。このような面で、オンライン調査は信憑性が薄くなってしまうことを認識しておく必要があります。

 

オフライン調査のメリット・デメリット

オフライン調査はインターネットを利用した調査以外の手法を指し、代表的なものとしては「郵送調査」や「会場調査」、「グループインタビュー」があります。

オフライン調査のメリットは幅広い年齢層に対して偏りなく調査を行うことができることです。調査を行うターゲットによってはインターネット調査を行うよりも多くの回答を得られる可能性があります。

また会場調査やグループインタビューでは、消費者の生の声を聞くことができるため生活や感情に密着した調査をすることができます。アンケートでは調査できない行動面や、直接話を聞くことにより心理面を調べることが可能です。

オフライン調査のデメリットは、オンライン調査と比較した時にコストやスピード面で劣ってしまう点です。一つの調査に対する工数が多くなるため、その分費用や時間がかかってしまいます。加えて場所や時間帯に制限があるためオンライン調査に比べてサンプル数が少なくなってしまいます。

 

オンライン調査を行う会社の選び方

モニターに対してアンケートを実施し、回答を回収するという点においては各社がほとんど変わりません。しかし、調査会社の保有しているモニター数やその特徴、調査結果をまとめたレポートの形式はそれぞれ異なるため、調査の目的に応じた会社選びが必要です。

また、調査会社が調査を一貫して行う「リサーチャー・サポート型」と自分自身で行う「セルフ型」があります。

・リサーチャー・サポート型
調査会社が調査の設計からレポート作成まで行う調査です。プロのリサーチャーが行うため、調査に見識がなくても適切なリサーチを実施することができます。またレポートとして結果を受け取れるため、調査結果をすぐに活用することが可能です。

・セルフ型
アンケートの設計を自分で行う調査法です。調査会社の提供するセルフアンケートツールを活用することで簡単にアンケートを自作することができます。自分で設計することでより低価格で実施することが可能です。

 

まとめ

オンライン調査によって多数のサンプルへの調査や、従来よりも低コストでスピーディーな調査が可能となりました。オンライン調査ではリサーチしきれない部分もあるので調査内容に合わせて、オンライン調査とオフライン調査を使い分けをすることや、併用することでよりよいデータを得ることができるでしょう。調査会社によっても特徴があるのでまずは複数社を比較することをおすすめします。

オンライン調査ができる会社一覧

株式会社マクロミル
株式会社マクロミル【ネットリサーチ国内実績No.1】グローバル・デジタル・先進リサーチを提供
高品質なパネルネットワークで、複雑化・多様化するマーケティング課題を解決するあらゆるマーケティングリサーチを提供。
実績・価格・納品スピードなど比較して納得する調査品質に定評がある企業です。
株式会社ジャストシステム
株式会社ジャストシステム~すべてのビジネスに裏付けを~クラウド化でスピードと低価格(従来の約1/3)を実現したセルフ型リサーチ「Fastask」
株式会社クロス・マーケティング
株式会社クロス・マーケティング全ての調査をワンストップで提供する『クロス・マーケティング』定量調査も定性調査もオンラインもオフラインも!!
超低価格アンケートならばQiQUMOもおすすめ
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
株式会社プラスアルファ・コンサルティング調査を通して、消費者、お客様の声を聞く
定量・定性分析を可能にしたリサーチサービス「Kiccoe Survey」を提供
株式会社ネオマーケティング
株式会社ネオマーケティングリサーチの全工程に専門家が介在し、オリジナルメイドのリサーチを提供。
株式会社バルク
株式会社バルク調査票作成から、実査、集計、分析、レポート作成まで、一貫して対応可能。
お客様の状況に合わせて、フレキシブルにサポートさせていただきます。
ゼネラルリサーチ株式会社
ゼネラルリサーチ株式会社1,538万人以上のモニターを活用したインターネットリサーチ調査で、御社と商品価値を最大化するプロフェッショナルサービスを提供しております。
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社NTTコムオンラインは、確かなテクノロジーとデータ解析力を強みに企業と顧客の“絆(エンゲージメント)”を創出し顧客ロイヤルティや売上向上につながるマーケティング・ソリューションを提供します。
アイブリッジ株式会社
アイブリッジ株式会社アイブリッジ株式会社
アンケートをもっと自由に簡単に!をコンセプトにした24時間セルフ型アンケートツール「Freeasy(フリージー)」を提供。
ホワットエバーパートナーズ株式会社
ホワットエバーパートナーズ株式会社「100人アンケート」は中小企業のビジネスの中で、営業活動やサービス企画の判断の裏付けにアンケート調査を活用していただくための、安価でスピード感のあるネットリサーチサービスです。
LINEリサーチ
LINEリサーチLINEプラットフォームを利用した幅広い年代への調査が可能
調査設計から分析・報告までトータルでサポート!
株式会社 ロイヤリティ マーケティング
株式会社 ロイヤリティ マーケティングPontaリサーチは生活者の行動・趣向を把握し課題を解決します。
株式会社インテージ
株式会社インテージインテージは、国内No.1のマーケティングリサーチ会社です。
ネットリサーチやオフラインリサーチ、海外市場調査、購買データや小売店データを使った
リサーチに加え、デジタルマーケティングやビッグデータ活用促進など、幅広い手法に対応可能です。
業界に精通したリサーチャーが、お客様の課題解決に最適な調査設計と分析結果をご提供いたします。
日本インフォメーション株式会社
日本インフォメーション株式会社日本インフォメーション(NI)は、1969年設立のインターネットリサーチを含めた幅広い手法に対応する総合リサーチ会社です。自社で100万人強のアンケートモニターや多数のアンケート会場(CLTルーム3室、FGIルーム3室)を保有しています。

経験豊富なリサーチャーによる普遍的なリサーチのノウハウと、最新のIT技術を掛け合わせた、スピーディかつ付加価値の高いリサーチをご提供します。中堅リサーチ会社だからできる、お客様に寄り添った質の高いサービスのご提供を心掛けています。

株式会社アスマークお客様と常に向き合い、価値あるデータを創出します
株式会社 TesTee・専門のスマホアプリで圧倒的なスピード感で調査実施が可能。

・一般的に回収が難しい10代・20代も含めた幅広い年代(10代~50代)のパネル回収が可能。

CintJapan株式会社CintJapanは1,000社以上の異なるアンケート会員をプラットフォーム上に連携し、100カ国延べ1億人以上の消費者へアンケートをアクセスすることを可能にしたテクノロジーソリューションを保有してます。

用語集一覧へ戻る

入力はたったの2分

目的・ニーズに合致した
調査会社を
ご紹介いたします

一括見積りをする(無料)

お急ぎの方は

03-5459-6616
(平日10:00~19:00)